アプリケーション

用途

緩みロープ検知スイッチは、搬送設備を使用する場合に適しています。例えば、ロープの張りを監視するためにロープ部分に取付けます。

設計および動作モード

緩みロープ検知スイッチは、ロープの張りを監視します。張りが正しい場合に、スイッチは使用状態になります。ロープが破損したり、延びたりするとスイッチが起動し、システムが停止します。また、システムの構成に応じて、この信号を利用して表示や音による警報を発することもできます。

緩みロープ検知スイッチはすべて、Low Voltage Directive(低電圧指令)06/95/ECに準拠したCEマークを取得しています。

Products »

ロープの張りの監視
ロープの破損後の緩みロープ検知スイッチの起動状態