ドアの監視

ドアは開いていますか?閉まっていますか?この質問に対して答えが必要であるにも拘わらず、フロアが広く、管理室が遠い場合、ポジションスイッチが助けとなります。監視されるドアにはアクチュエーター付きのポジションスイッチが装着されます。そのスイッチにより、ドアが開くとシグナルが発信されます。従来通りのケーブル付きポジションスイッチの代わりに、ワイヤレスのスイッチを取り付ける事も可能です。

ドアの監視

仕様

無線スイッチを使用する際は、無線信号の伝播距離が十分であるかどうかが重要になります。更にエネルギーマネージメントの施設や設備が、空気に触れると爆発し得る可燃物を貯蔵したり、加工している場合には、防爆仕様の規格にも考慮しなくてはなりません。

実現

「エネルギーハーベスティング(環境発電)」の原理に基づき作動する無線スイッチは、この要求をスマートに満たす事が出来ます。電気力学のエネルギージェネレーターは、スイッチのプランジャーが作動する際の運動エネルギーを電気エネルギーへと変換します。無線信号を受信機へと伝達するには、この少ないエネルギーで十分です。従って、スイッチには電源ケーブルも信号線もバッテリーも必要ありません。また、エネルギー関連のアプリケーションにおいて特に興味深いのは、爆発性領域向けに「ワイヤレス防爆仕様」も用意されているという事です。

お客様のメリット

ワイヤレス・ポジションスイッチは、配線の必要も無く、置きたい位置に簡単に設置することが出来ます。また、必要な場合には後から別の場所に取り付け直す事も出来ます。「ワイヤレス・セキュリティ」のコンセプトは、このワイヤレススイッチや、「ワイヤレス防爆」のスイッチを基に実現されます。

ドアの監視