オートメーション化された加工システムのカウント機能

製造品や加工品を数える事は、オートメーション化された製造所内では基本的なタスクと言えます。例えば多くの製造ラインでは、どの段階で最も多くの廃品が生産されるのかを確かめる為に、各段階において加工品の数量がカウントされます。

オートメーション化された加工システムのカウント機能

仕様

ここではターニングレバーや、接触スプリングの付いたポジションスイッチがよく使用されます。このスイッチは、頻繁なスイッチングに耐えられる事、長寿命である事が求められています。

実現

このタスクを担うのに、ケーブルスイッチだけではなく、電池式のワイヤレススイッチを使用する事もできます。

お客様のメリット

ワイヤレス技術の最大の長所は、柔軟性にあります。使用者はスイッチを素早く簡単に、様々な場所に取り付ける事ができ、短時間でのカウントにも使用する事ができます。

オートメーション化された加工システムのカウント機能