ドアの安全防護

オートメーション化された製造ホールへの入り口は、開いているでしょうか。閉まっているでしょうか。入り口やガードドアがスイッチによって監視されていれば、簡単に確認する事ができます。

ドアの安全防護

仕様

ドア監視のスイッチは、間違い無く作動しなくてはならず、アルミフレームなどの保護フェンスシステムの周囲の構造内に容易に統合されなくてはなりません。

実現

コンパクトで頑丈なワイヤレスポジションスイッチを使用すると、配線の必要無く、ドアの位置が監視出来ます。「エネルギーハーベスティング」の原理に基づいて動くスイッチや、非常に高い伝送性が必要とされる場合には電池式のスイッチが使用出来ます。これに必要な信号は、監視室や監視システムから使用する事ができます。技術的な理由から、ワイヤレススイッチは、安全に関わるタスクを担う事ができません。

お客様のメリット

配線の必要が無い為、特に大きな製造所では、出入り口のドア、防護ドアの監視にワイヤレススイッチを使用すると、設置の際のコストを抑える事ができます。

ドアの安全防護