リフトテーブルやターンテーブル上の製品の位置監視と運搬監視

自動化された製造では、数多くの場所で製品の位置も運搬装置も監視する必要があります。スイッチが固定された装置に設置されている場合には、ケーブルスイッチやセンサーが多く使われています。しかしながら、リフトテーブルやターンテーブル、走行台車、立体運搬機などの可動性のものに付けられる場合には、ワイヤレススイッチを代わりに使うべきです。

リフトテーブルやターンテーブル上の製品の位置監視と運搬監視

仕様

電気機械的ポジションスイッチや、非接触ワイヤレスセンサーなどのワイヤレススイッチは、どんな環境の製造所内でも確かに機能しなくてはなりません。(電磁波放射や、無線LANなど他のワイヤレスネットワークなど。)

実現

ユーザーは、何種類かのワイヤレスプロトコルを使用した数多くのワイヤレスポジションスイッチの中から必要な物を選択する事ができます。さほど高い安全規格が必要でない場合には、電気力学のエネルギー・ジェネレーターの付いた自家発電のスイッチをお薦めします。また、可用性に富み、確かな伝送が必要とされる場合には、電池式無線スイッチが有用です。このスイッチは受信ユニットとの間に双方向に信号を送り合っています。また、定期的に存在を確認する信号を送らせる事も可能です。

お客様のメリット

ワイヤレス技術は、設置にかかるコストと時間を削減し、ケーブル配線などの摩耗する部材を不要にしました。オートメーションユニットと監視室が離れていれば離れている程、メリットが大きいと言えます。また、断線のリスクもありません。

リフトテーブルやターンテーブル上の製品の位置監視と運搬監視