ホイールウェッジ

作業上の安全、運搬面での安全を考え、多くの企業では、トラックをタラップに固定する為のホイールウェッジを使用します。ホイールウェッジにはセンサーが取り付けられており、このセンサーがトラックのタイヤを検知すると、門扉や積荷タラップを開放します。ホイールウェッジを使用しない荷物の積み卸しは、避けられないリスクを伴います。少しでも傾斜のある床では、パーキングブレーキを入れていないトラックは動いてしまい、トラックと荷台の間に隙間が出来てしまいます。トラック内でのフォークリフトの動作は(特に乗り込みと、降車の減速の際に)トラックはドッキングに安全な位置から離れてしまいます。トラックの運転手は、荷台のドアを閉めるのに、前へと発進させますが、その際フォークリフトのドライバーは、滑りやすい床では適切なタイミングでブレーキをかける事が出来ず、タラップから落ちてしまいます。

ホイールウェッジ

仕様

ケーブル付きのホイールウェッジを過酷な環境で使用すると、ケーブルが損傷します。そうすると、ダメージのあった積載所は使えなくなる為、荷物の車載に余計に時間がかかってしまいます。ワイヤレスセンサーや、ワイヤレスポジションスイッチの付いたホイールウェッジなら、時間浪費のリスクを避ける事ができます。また、このワイヤレス製品は、頑丈で耐振動性です。

実現

RF95やRF98シリーズのワイヤレスポジションスイッチは、ホイールウェッジに取り付ける事が出来ます。ホイールウェッジがトラックのタイヤに設置されると、スイッチのピストンが作動し、門扉や積荷タラップの操縦桿にシグナルを送り、扉を開きます。ホイールウェッジを取り除くと、再度スイッチが作動し、「車輪/トラックが正常な位置にありません」というシグナルを送ります。

お客様のメリット

無線で作動するホイールウェッジは、トラックやタラップへの安全性に対し、非常に堅固で機能的な解決策となります。一つのタラップに対して、複数のホイールウェッジを置くことも可能です。ホイールウェッジやワイヤレススイッチと、呼応する受信機の同機は、単純な初期操作で、簡単に出来ます。

ホイールウェッジ