防護フェンスの安全防護ドア

防護フェンスシステムでは、防護扉の位置は常に監視されていなくてはなりません。オイルやガス工業においては、もちろん機械安全と防爆に顧慮しなくてはならない為、防爆仕様も求められます。

防護フェンスの安全防護ドア

仕様

要求仕様によっては、防護扉の位置を監視するだけの安全スイッチや、扉が開くと菜間の機械やシステムを停止させる安全スイッチが使用出来ます。

例えば機械の工程を止めたくない場合などに防護扉が開かないようにするには、設計者は防爆安全ロックを使用します。このシステムは危険な動作があった場合にのみドアの施錠を外します。

実現

設計者には多様な実現の可能性が与えられます。安全性能の備わったポジションスイッチ、アクチュエーター付きの安全スイッチ、非接触センサーの中から選ぶ事が出来ます。全てのスイッチは防爆仕様になっており、それに応じて保証された構造になっています。ソレノイドインターロックのハウジングには、プラスチック製と、金属製のものがあります。全て防錆仕様になっており、機械指令やATEX指令に適合しています。

お客様のメリット

安全防護ドア用の製品は、様々な逆境下に設置出来ます。防水、防錆仕様で、同時に防爆仕様も必要とされます。シュトイテの過酷環境の安全製品は、この様な要求を満たすよう開発されました。

防護フェンスの安全防護ドア