積荷アームの操作

作物や、建材など、散荷や大量貨物を運ぶ船は、通常空気作用のアームや、荷物が液体の場合にはポンプを使って荷物の積み卸しをします。このシステムのアームは、荷物の積み卸しの間、持続的に作動するような位置に置かれていなければなりません。荷積み作業を行うアームの監視は、駆動と操縦に含まれます。

積荷アームの操作

仕様

各機軸は、耐海水性や機械的強度に優れているスイッチやセンサーでモニターされなくてはなりません。スイッチはむき出しの状態で使用される事もある為、ワイヤレススイッチの使用は、組み付けを容易にし、ケーブル損傷の危険を無くします。散荷や、液体貨物が爆発し得る場合、防爆仕様の製品も提供出来ます。

実現

この様なアームの位置を監視するには、多くの場合、回転の動きと、直線上の動き、それぞれを監視する為に、二つのポジションスイッチが必要になります。"Extreme"シリーズの様々な製品をご用意しております。オプションで、爆発の可能性のあるエリアで仕様出来る有線のタイプ、ワイヤレスのタイプをお選び頂けます。

お客様のメリット

このアプリケーションは、荒れた環境(塩水、埃と汚れ、接近困難な場所での使用など)での位置監視を前提としています。更に、ワイヤレス・ポジションスイッチを使用すると、エネルギー導線、シグナル導線の巻き取りが不要になります。

積荷アームの操作