ゲートコントロール(建設技術)

物を屋内へ搬入、または戸外へ搬出する際、フォークリフトはゲートを通過しなくてはなりません。また、速効作用ドアや、ロールシャッターゲート、セクションドアなどの工業用ドアやゲートによって仕切られている事が多いです。つまりフォークリフトに乗ったまま、楽にゲートを開けたり、必要があれば閉めたりする方法を模索する必要があります。そこで天井に取り付けられたプルワイヤスイッチが役に立ちます。

ゲートコントロール

仕様

 

このタイプのスイッチを設置するには、何メートルものケーブルが必要になる為、プルワイヤスイッチ自体の何倍もの設置費用がかかります。そこでワイヤレス技術を使用すれば、設置費用を大幅に減らす事が可能です。スイッチは強固に、且つ簡単に設置されなくてはなりません。

 

実現

 

"工業用ドアの開放は、シュトイテにとって、初期からのワイヤレス・スイッチギアのアプリケーションの一つであり、今日でも最も実用化されたアプリケーションの一つです。RF95無線プルワイヤスイッチは、最もよく使用されています。作動部分にはグロメットがついており、そこにプルワイヤを付ける事が出来ます。

 

このスイッチは「エネルギーハーベスティング(環境発電)」の原理に基づき作動します。電気力学のエネルギージェネレーターは、スイッチのプランジャーが作動する際の運動エネルギーを電気エネルギーに変換します。無線信号を受信機へと伝達するには、この少ないエネルギーで十分です。従って、スイッチには電源ケーブルも信号線もバッテリーも必要ありません。"

 

お客様のメリット

 

無線プルワイヤスイッチは、取り付けに費用をかける事なく作動させる事ができ、場合によっては他の場所へ移動させる事も簡単に出来ます。

 

ゲートコントロール