ソレノイドインターロック

従来の安全スイッチとは対照的に、ソレノイドインターロックは、機械のワークスペース内の危険な動きや機能が停止するまで保護装置をロックするという特別なロック機能が有ります。

ガードドアが開くことでワークプロセスが遮断されることがないようにソレノイドインターロックが使用される例も増えています。これにより、均等な生産性が保たれ、製造施設で連結された機械の休止や再起動に時間が掛かることを防ぎます。この場合には、機械の安全性よりも製造の信頼性を重視しています。

シュトイテのソレノイドインターロックは、関連する機械安全要求事項や規格に適応しています。一般的オートメーション向けのSTMシリーズに加え、爆発環境向けのシリーズもあります。

セーフティリレーコンポーネントや シュトイテのソレノイドインターロックは、EN 62061のSIL 3レベルとEN ISO 13849-1のPL eレベルを達成しています。