食品産業向け開閉器とセンサ

食品産業向け開閉器とセンサ

IP 6X防塵試験

過酷環境に最適

高温、低温、湿気、振動、粉じん、爆発の危険性:他社の開閉器が到達できない領域で、シュトイテの「過酷環境」分野の開閉器が活躍します。当社の開閉器は以下のような過酷なアプリケーションで使用されることを前提として設計されています。

  • (粉じん)爆発の危険性のある領域(粉末状の原材料の処理と運搬)
  • 冷凍倉庫
  • 温度管理下での製造プロセス
  • 衛生的な生産と梱包
  • ボトリングなどのウェットエリア

過酷な条件での試験

当社の開閉器は、最高の品質基準を恒久的に満たすために、継続的に最適化を目指す開発段階だけでなく、製造段階に入ってからも総合的な試験を受けています。ここでは、当社の試験ラボとテストのパラメータを簡潔に紹介します。

耐熱性

フリーズドライ、加工、低温殺菌、均質化など、多くの食品製造プロセスは温度管理が必要となります。当社の開閉器は、超低温であれ、超高温であれ、あらゆる温度要件に適していることを保証します。

IP X6ウォータージェット試験

IP6Xに準拠した防塵性

粉塵爆発防止のみでなく、粉塵環境での使用の適合性は重要な要件です。当社では、試験用ダストにさらされた状態で、標準化された耐久性テストを行います。

ウォータージェットや高圧クリーナーを使用したIPX6およびX9試験

衛生面に敏感な場所、または飲料の充填などで開閉器が使用される場合、それらは密閉性に対する高い要求を満たす必要があります。当社の過酷環境製品は、80°Cの高温水を利用したウォータージェットと高圧クリーナーによる試験を受けます。

 

塩水噴霧室で開閉装置の耐食性をテストします。

耐食性

衛生面に敏感な場所では、徹底的な洗浄が必要であるため、開閉装置の耐食性も大事な問題です。当社の造船業や海洋技術向け製品で培われた経験を元に、腐食性に関しても広範囲に渡る試験が行われます。

 

カタログをダウンロードする

» 食品産業向け開閉器とセンサ (PDF - DE/EN)

食品産業向け製品