新製品ZS 92 過酷環境向け非常停止ロープスイッチとベルトアライメント(蛇行検知)スイッチ

過酷環境下で確実に働くスイッチ

屈強な新しいZS 92シリーズの開閉器は、過酷環境に特化して開発され、リサイクル工場、砂利採取場、採石場、採鉱、ごみ処理場、石炭火力発電所、堆肥処理工場、重工業やプラントエンジニアリングなどのアプリケーションに適しています。アルミダイカストのハウジングは、多層コーティング(パッシベーション、ベースコート、パウダーコーティング)が施されているため、大変頑丈で、耐食性があります。

取付け寸法は、前モデルZS 91だけでなく、ほかの市販のベルトアライメントスイッチとも一致しますので、現行のコンベヤ設備に追加導入することも簡単です。

金属コンポーネントは、ステンレス鋼製です。気温 -40℃から +85℃までの極端な周囲温度や極めて汚れの酷い場所でのアプリケーションも保証されています。本シリーズは、ZS 92 S 非常停止ロープスイッチ、ZS 92 SR ベルトアライメントスイッチの2つの基本仕様があります。

利点

  • ヘビー・デューティ向けアプリケーション
  • 操作温度-40 ℃~+85 ℃
  • 背面および座面での取り付け可能
  • 保護等級IP66/IP67
  • 耐久性に優れたアルミ製ハウジング
  • ワイヤ長さ最大2 x 100 m (ZS 92 S)
  • 解除/スライドレバーは9種類の取り揃え(ZS 92 S)
  • ローラーレバーの初期位置を調節可能(ZS 92 SR)
  • 個々で調節可能なスイッチングポイント(ZS 92 SR)

ZS 92 S 非常停止ロープスイッチは、とりわけ、大きな機械での非常停止機能と断線検知で高い信頼性を誇ります。

新しいメカニックにより、最大2×100mの長さのプルワイヤーを利用でき、著しく低減された操作力量と操作距離で非常停止機能を作動させます。これにより、安全スイッチの起動が簡単になり、関連するすべての国際基準を確実に満たすことが出来ます。 

優れた柔軟性も新しい特徴のひとつです。ZS 92 Sは解除レバーとアンロック機構を9つの異なる場所に取り付けることが出来ます。つまり、考えうる、ほぼどこの場所にでも付けることが可能で、本体の背面に付けられる製品としては初めてのものです。ZS 92 Sのユーザーはオプションとして、LED表示ランプを、また、統合されたプラグイン安全バスモジュールを通じて本質的に安全な”Dupline Safe”プロトコルへスイッチを接続することを選択して頂けます。

レバーを回して作動するということは、振動や周囲温度の変化など、外部からの影響を受けにくいということです。スイッチは、非常停止位置でラッチし、リセットレバーを操作すると原点復帰します。非常停止ロープスイッチは、ステンレス鋼製などを含め、数々のアクセサリを用いることで、あらゆるアプリケーションに導入して頂けます。

>>製品詳細

ZS 92 SRベルトアライメントスイッチは、コンベアベルトの並びを監視します。荷物が均等に乗せられていないなどでベルトがコンベヤロールの中心からずれて動いた時に、ステンレス鋼の大きなローラーレバーが検知し、そしてコントロールユニットとの通信によって、アライメントを直すか、コンベアシステムを停止させます。

本製品の革新的な特徴は、個々に調節可能なスイッチングポイントがついた、互い違いに配列された接点があることです。事前警告やスイッチオフの両方のスイッチングポイントを、5°~35°の範囲でユーザーが設定することが出来ます。これは、スイッチインサートのアンロック→スライド→ロックという簡単な手順により可能になっています。スイッチは、まず警告をだし、さらに作動することがあれば、ベルトを停止させます。この”事前警告コンタクト“により、コンベアのダウンタイムを縮小させます。オペレーターは、ベルトが停止する前にアクションを起こすチャンスがあるのです。

ローラーレバーの初期位置も調節可能なので、個々のアプリケーションに合わせることが出来ます。オプションとして、LED表示ランプをつけることも出来ます。

>>製品詳細