メディテクフットコントローラ「Classic」

シュトイテのメディテク「Classic」ラインの医療機器向けフットコントローラは、ハウジング、アクチュエータ、スイッチングインサートなどのモジュラー標準部品をベースとして、送信技術は、アプリケーションごとのソリューションに合うように組み合わせることが出来ます。

こうして試験済みの構成部品でカスタマイズされたコントローラを作ります。これにより市場に出るまでの時間が短縮され、設備投資も小さくなります。モジュールはすでに試験を受け、また承認も受けているので文書化と医療機器指令に適合するための投資もわずかなもので済みます。

シュトイテのメディテク「Classic」ラインには、ペダル数1~4つまでの医療用フットコントローラ、ロッカースイッチ式フットコントローラ、医療用多機能フットコントローラなどがあります。