医療機器向けの直観的な操作システム

将来のORでの医療機器の利用

ますます複雑化する機能を備えた装置の増加、手術中のイメージング技術、アシスタンスやナビゲーションシステムの利用など、これらは医療機器分野における近年のトレンドの一例です。こうして高い精度の最少侵襲手術が可能となるのです。しかしながら、このような機器を操作するために、医師はたゆまぬ集中力を必要とします。そして直感的操作性を得るというゴールを達成するのはますます難しくなっています。

ゴール:相互運用性

従って、医療機器製造業者は新世代のユーザーインターフェイスに取り組んでいます。開発目標は1つのシステムで多数の装置をコントロールすることです。言い換えれば、医療装置をネットワーク化し、マンマシンインターフェイスを相互運用可能にすることです。これは人間工学的な快適性を向上、操作を簡略化するだけでなく、手術室での明晰さを高め、-特に無線で医療装置を管理する場合は、衛生レベルも向上します。

ダイナミックなネットワーク化に向けて

医療機器のダイナミックなネットワーク化、つまり、ユーザーレベルにおいては、ユーザーインターフェイスの相互運用-これがシュトイテのメディテク事業部が提携パートナーとして携わるOR.NET e.V.コンソーシアムの開発目標のひとつです。このネットワーク化は3つのステップで行われます。

  1. 現在の従来型の医療機器は装置本体において操作できるだけでなく、そのユーザーインターフェイスからの伝送によっても操作できる。
  2. それぞれの医療機器の操作のために、複数のユーザーインターフェイスから選択することができる。
  3. 医療機器は”プラグアンドプレイ”でユーザーインターフェイスに接続することが出来、反対も同様に可能である。

すべてのオプションを1つの画面に

一目でわかる:ネットワークの可視化

いくつかの医療機器と、照明などの周辺システムを1つのインターフェイスにすること-このヴィジョンが今や実現しようとしています。そのときの、それぞれのフットスイッチなどの機能が画面に映し出されるため、一目でわかりやすく、明確な表示となります。医師は患者に関連するデータや医用画像を病院のアーカイブから画面に呼び起こすこともできます。

医師は画面で次に使いたい医療装置を選び、いくつかの医療装置を組み合わせることもまた可能です。さらに、ワークプロセスで必要なものや、人間工学に基づく快適性など、利用者の好みで様々なコントロール機能の配置を選ぶことが出来ます。

このようなセントラルユーザーインターフェイスで管理できる相互運用可能な医療装置の数に限りはありません。データは、ネットワーク内の別のワークステーションからもアクセス可能とすることが出来ます。OR.NET e.V.プロジェクトで開発された共同のITプラットフォームを通じて、すべての繋がれた医療装置とユーザーインターフェイスが伝達を行ないます。

こちらで紹介している画面イメージはOR.NET e.V.の枠組みの中で、アーヘン工科大学の医用工学部の講座において、Beger デザイン事務所とのコラボレーションで開発されたプロジェクトです。ユーザーインターフェイスにはシュトイテの医療用フットコントローラーが使用されています:医療装置は、3つのペダルと3つの押しボタンで操作されます。

プロジェクト第一弾が実現へ

医療機器のダイナミックなネットワーク化のためには、革新的なユーザーインターフェイスの開発が次の必然的なステップであると私たちは考えています。シュトイテのフット及びハンドコントローラーでは、選んだメニューによって、一つの医療装置の異なる機能を操作することがすでに可能となっています。この多機能性が多くの医療装置にまで広がっています。

OR.NET e.V.プロジェクトの一例:超音波凝固切開装置の製造業者と手術顕微鏡の製造業者がシュトイテ医療用フットコントローラーを共通使用する通信規格に同意しました。14個までの機能を持つ手術顕微鏡のフットコントローラーは、切開装置の操作に切り替えることが出来ます。

シュトイテのメディテク事業部は、今後数年で手術室内のダイナミックなネットワーク化が実現すると推定しています。私たちは、最先端医療機器のためのユーザーインターフェイス開発のスペシャリストとして、こうした開発を共に行っていくだけでなく、積極的に活動していくことが使命であると考えます。