X線/MRI/CTスキャン用フットコントローラ

X線 / MRI / CTスキャンの分野では、シュトイテが特別に開発した多機能フットコントローラがよく使用されています。この用途では、ほとんどの場合、複雑な位置決め動作が求められるため、通常、「標準的」なフットコントローラを使用することはできません。

例えば準拠規格のIEC 60601-1は、安全面に対する一般規則を規定し、IEC 60601-2-43などの製品規格は、X線機器独自の特徴を規定しています。

この分野のフットコントローラの主な特徴は、次のとおりです。機械的安定性の最低要件、保護クラスの要件、スイッチングエレメントの部分的冗長設計、要望に応じたインターフェースの統合、多機能エレメントの使用。

内部写真:X線機器に加え、MRIおよびCT機器も、シュトイテのフットコントローラで操作可能です。

KF 2-MED GP25
  • ペダル:熱可塑性
  • ペダル:熱可塑性
  • 保護ブラケットおよびLED付きを入手可能
  • 非接触開閉システム
MKF 3-MED GP33
  • ペダル:熱可塑性
  • コンソール:アルミダイキャスト
  • 保護ブラケット、LED、および追加押しボタン付きを入手可能
  • 非接触開閉システム
MKF 4-MED GP47
  • 4ペダル
  • ペダル:熱可塑性
  • ペダル:熱可塑性
  • 非接触開閉システム