高周波手術用フットコントローラ

高周波手術装置の操作には、フットコントローラが使用されます。フットコントローラの要件は、EN 60601-1ならびにEN 60601-2-2で規定されています。この用途に使用するフットコントローラは、保護クラスと機械的安定性に対する要件が特徴です。決して、帯電があってはいけません。クラスAP(麻酔認定)の要件が関係する場合もあります。クラスAP適合のフットコントローラは、耐ガス性を確保するために封じ込めされています(ゾーンM)。主な動作エレメントは、イエローペダル(起動「切除」)とブルーペダル(起動「凝血」)です。高周波手術は、多くの分野で繊細な手術を可能にします。

MKF 2-MED GP25
  • ペダル:熱可塑性
  • ペダル:熱可塑性
  • 保護ブラケットおよびLED付きを入手可能
  • 非接触開閉システム
MGF 2-MED
  • ペダル:アルミダイキャスト
  • コンソール:アルミダイキャスト
  • ヒンジ付きステンレス鋼製保護ブラケットおよび追加押しボタンを入手可能
MTF 3-MED
  • アクチュエータ:手術室で使用可能シリコン
  • エンクロージャ:アルミダイキャスト
  • 接触式開閉ポイント
MKF 2-MED GP26
  • ペダル:熱可塑性
  • コンソール:アルミダイキャスト
  • 保護ブラケット、LED、および追加押しボタン付きを入手可能
  • 非接触開閉システム
MKF 2-MED GP212
  • ペダル:熱可塑性
  • コンソール:熱可塑性
  • オプションで押しボタンを追加可能
  • ヒンジ付き保護ブラケットを入手可能