歯科機器用フットコントローラ

IEC 60601-1は、歯科用フットコントローラの一般的な安全要件を規定しています。歯科用フットコントローラの特徴は、次のとおりです。 多機能エレメントの使用、チェアの位置調整をおこなうジョイパッド、レバーまたはフットペダルによるチェアの回転制御、非常停止機能付きの保護/移動ハンドル、手術用(クラスAP)の最大保護等級IP X8 、様々な種類の操作エレメント。チェアと機器の主な機能は、シュトイテの多機能フットコントローラで制御できます。

MFS-MED GP71
  • アクチュエータ/ジョイパッド:手術室で使用可能シリコン
  • Aluminium alloy housing
  • 保護ブラケット、LED、および追加押しボタン付きを入手可能
MKF-MED GP17
  • ペダル:熱可塑性
  • コンソール:熱可塑性
  • オプションで押しボタンとLEDを追加可能
  • ヒンジ付き保護ブラケットを入手可能
MKF-MED GP16
  • ペダル:熱可塑性
  • コンソール:熱可塑性
  • オプションで押しボタンとLEDを追加可能
  • 取り外し可能な保護ブラケットを入手可能