記者発表 Meditec

次へいく:Meditec

相互運用可能なORが現実に/SDCインターフェイスのワイヤレスフットコントローラ

1つのコントローラでOR(手術室)のいくつもの医療機器を動かす:これが、OR.NETアソシエーションが求めたゴールであり、そのマイルストーンのひとつに到達しました。DMEA 2019(会期2019年4月8日~11日、ドイツ・ベルリン)において、OR.NETは、Service-oriented Device Connectivity...

もっと詳しく知る
次へいく:Meditec

展示会Medica 2018 (2018年11月12日~15日)で初登場 / バッテリー電源によるワイヤレスフットコントローラ

シュトイテのメディテク分野は、医療機器で汎用できるワイヤレスフットコントローラの新シリーズをMedicaで発表します。このシリーズのユーザーインターフェイスはエネルギー効率が極めて高いため、市販の乾電池による電力供給が可能です。同時に安全性と信頼性がたいへん高くなります。 このフットコントローラは、ペダルを1個から4個まで備えられ、新しいワイヤレスフットコ...

もっと詳しく知る
次へいく:Meditec

シュトイテ・メディテクのメディカ2017への出展-手術室用モジュール式フットスイッチ

シュトイテはメディカで、モジュールの様式により他の製品と異にする新しいモデルのフットスイッチを紹介します。MFS-MED...

もっと詳しく知る
次へいく:Meditec

シュトイテ・メディテクのメディカ2017への出展-複数の医療機器をたった一台の操作システムで操る

医療機器の分野において、相互操作性は今日の中心的なトレンドです。近い将来、多数の医療機器がたった一台の操作システムで操作できるようになります。それぞれの機器ごとに異なるユーザーインターフェイスを操作しなくても良いため、執刀医は自分のすべき手術により集中する事ができます。 このような相互操作可能な手術室内の人間と機械のインターフェイスがどう見えるのか、どの様...

もっと詳しく知る
次へいく:Meditec

アプリで医療機器の操作システムを設定 / インテグレーション:スマートフォンでフットスイッチなどのユーザーインターフェイスを設定

医療機器の開発において、インテグレーションは今、熱い話題となっています。シュトイテのメディテク事業部は、様々な医療機器を操作するワイヤレス・ユーザーインターフェイスを開発することで、このトレンドを更に進捗させています。 その内の一つが、スマートフォンやタブレットと医療機器のユーザーインターフェイス間の通信を可能にしたアプリケーションの開発です。医療機器のメ...

もっと詳しく知る

6のうちの1~5