次へいく:Wireless

シュトイテは展示会LogiMAT 2020 (会期2020年3月10日~12日、ドイツ、シュトゥットガルト)に出展致します。 簡単なアップデート方法、オプションの統合/無線AGV(無人搬送車)ネットワークの新機能

展示会LogiMAT 2020にて、シュトイテのビジネス分野"ワイヤレス"は、AGVシステムなどのアプリケーションに特化して開発されたワイヤレス・ネットワーク・ソリューションの最新版"nexy"をご紹介します。この無線システムにより、各無人搬送車(AGV)が必要とする電力消費を減らすことができ、AGV全体の柔軟性も向上するという、今日では最新の機能があります。

シュトイテの開発したsWave.NET® LPWANの無線ネットワークにより、一時的に使用されていないAGVがそれぞれ、”ディープ・スリープ”モードに入ります。この間の電力消費は最低限になります。AGVがまた必要になれば、nexyネットワークの”ウェイクアップ”信号により短時間で再起動し、AGVマネジメントシステムにより作動を開始します。nexyの低電力技術により、休止期間を管理するのです。

こうすることで休止中のAGVを充電ステーションに繋がなくても良いという利点があります。また、製造業者は、稼働時間をまったく犠牲にすることなく、コストを削減しながらもさらに小さく軽いバッテリーを選ぶことができます。同時に、数秒内で、いつでも確実にAGVを再起動させることができます。

シュトイテがLogiMATで発表する、システムの最新バージョンでは、統合されたnexyのフィールド・デバイスは、ファームウェアのアップデートを遠隔操作により、”ライブ”で受け取ることができます。アップデートはセンサブリッジに送られ、そこからローカルネットワーク全体へと分配されます。このような簡単な方法で、全ての末端装置が、常に最新のソフトウェアで稼働します。また、クロスプラットフォームでのデータ交換のために、OPC-UAインターフェースとSAPコネクタが新しくなっています。

nexyの無線ネットワークをAGVの”ウェイクアップ”機能だけに利用するのではなく、ほかのタスク、例えば、可動式のAGVベースのeかんばんシステムで利用する場合などに、上記のような機能が特に有効になります。

シュトイテは、LogiMAT2020の第5ホール、ブースD 45にて、可動式eかんばんシステムで、ワークステーションに部品を供給するnexyのアプリケーションのデモンストレーションを行います。

(写真提供: dpm Daum & Partner Maschinenbau GmbH)

 

Files:
シュトイテは展示会logimat 2020 (会期2020年3月10日~12日、ドイツ、シュトゥットガルト)に出展致します。 簡単なアップデート方法、オプションの統合/無線agv(無人搬送車)ネットワークの新機能.pdf
dpm_FTS_LogiMAT_2020.jpg
« 戻る